Googleアドセンス

AdSenseサイト運営者向けポリシー違反レポートが届いたときの対処法

Google AdSense広告を貼っているサイトを持っていると、突如、「サイト運営者向けポリシー違反レポート」といったメールが届くことがあります。

先日、朝の目覚ましのアラームを止めようと、携帯みるとGoogleアドセンスからのメールで、ドキッとして一気に目が覚めました。

私が取った対処法で問題なかったので、参考にしてください!

Google AdSenseから届いたメールの内容とは?

私の元に届いたメールは、以下の通りです。

お客様

本日は Google サイト運営者様向けポリシー レポートをお送りいたします。お客様のウェブサイトの特定のページで見つかったポリシー違反に関連する最近のアクティビティをご確認ください。違反措置の適用状況は随時変更される可能性があります。現在適用されている違反については、AdSense ポリシーセンターの [ページ単位の違反措置] をご覧ください。

サイト全体またはアカウントのレベルで発生した違反については、このレポートに含まれませんのでご了承ください。サイトやアカウントのレベルで違反があった場合は、別途メールでお知らせすることがあります。ページ単位であれサイト単位であれ、ポリシー違反がなかった部分については広告掲載が続行されます。

過去 24 時間の情報:

新たな違反が検出されました。AdSense プログラム ポリシーへの違反が見つかったページでは、広告掲載が制限または停止されています。この問題を解決するには、違反しているコンテンツを削除して、審査をリクエストしていただくか、違反しているページから広告コードを削除する必要があります。

ポリシー施行の詳細については、AdSense ヘルプセンターでご確認いただけます。プログラム ポリシーについて詳しくは、AdSense プログラム ポリシーをご覧ください。

何卒よろしくお願い申し上げます。
Google サイト運営者向けポリシー

『特定のページで見つかったポリシー違反』・『ポリシー違反がなかった部分については広告掲載が続行されます。』ということなので、アカウント停止とかでないので、一安心♥

でも、このまま放置しておくわけにはいきません!!
このまま放置しておくと、サイト全体の広告が停止されたり、SEO的にも問題ですし、何よりも、【アカウントはく奪】なんて最悪の事態になっても困りますよね。

では、サイト運営者向けポリシー違反レポートがと届いたら、どのように対処すればいいのか?

実際の手順を紹介しますね!

 

ポリシー違反の特定のページの確認方法

まずは、『ポリシー違反している』といわれている記事を確認しましょう!

ページを確認するには、メールの中の【AdSense ポリシーセンター】をクリックするとわかります。

それか、自分のアドセンスアカウントにログインして、
アカウント>ポリシーセンターでも確認できます。

問題があるとされるサイトが表示されるので、サイトをクリックしましょう。

そうすると、問題の指摘されている記事のURLと、どんなポリシー違反なのかが表示されます。

私の記事のポリシー違反の理由は、『アダルト コンテンツ(性的な内容…』でした。

 

詳しく見るには、「V」のマークをクリックしてください。

すると、『状況』と『解決方法』がかかれています。

私の記事は、女性が短パンをはいて、キャッチャーをしている写真(脚を大きく開いている写真)とその女性が『たばこを吸っている』ということをかいていたんですが、アダルトコンテンツ認定ってことは、脚を開いてキャッチャーしているのが、ダメだったのかな?とおもいます。

正直、全然エッチな記事でも写真でもないんだけど…ポリシー違反とされちゃうことがあるんですよね。

 

ポリシー違反の記事の対処方法3つ

何で、ポリシー違反といわれているのか、わかったとおもいます。

さて、それをどうするのか?

対処方法としては、3つあります。

  1. ポリシー違反と判定されたページを削除する
  2. アドセンス広告を外す
  3. ポリシー違反の部分を修正して審査を申し込む

 

ポリシー違反と判定されたページを削除する

私がとった方法はこれです。

特に初心者さんや、そんなに収益が上がっていない記事であれば、最も簡単で確実な方法です。

やり方は簡単!
ポリシー違反と判定されたページを削除するだけでOK!!

アドセンス広告を外す

『ポリシー違反と判定されたページ』での収益はなくてもいいけど、アクセスを集めたい場合や、内部リンクで重要な記事の場合など、削除したくない場合にオススメの方法です。

対象となる記事から、アドセンス広告を全て消せばOKです。

ただ、サイドバーなどにアドセンス広告が表示されてしまうと、ダメなので注意してくださいね。

不安な人は、やっぱり、記事を削除するのが一番確実ですね。

ポリシー違反の部分を修正して審査を申し込む

収益が出ていて、引き続き儲けたい!という場合は、この方法になります。

何をするのかというと、ポリシー違反と指摘されていると思われる部分を修正して、修正が完了したら、『審査をリクエスト』をクリックして、申請します。

その修正でOKなのかどうかは、アドセンス側の審査の結果待ちとなります。

アドセンス側の審査は、通常1週間ぐらいかかるようです。

注意事項として、アドセンス広告は、外さずにそのままにしておくようにしてくださいね。

 

まとめ

【AdSenseサイト運営者向けポリシー違反レポートが届いたときの対処法】ということでお届けしました!

『ポリシー違反』なんて言われると、びっくりしますが、アドセンスをしている人なら、すごく気を遣って記事を書いているはず!

だから、落ち着いて対処すれば大丈夫なので、安心してください!

少しでもお役に立てば幸いです。

-Googleアドセンス

Copyright© そうだ、アドセンスを始めよう! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.